ポスティングやノベルティーグッズで企業を大アピール|魅力をお届け

案内

ロゴを入れるポイント

宣伝はさりげなくがポイント

ノベルティは企業の宣伝のためのアイテムなので、企業のロゴを入れることも重要ですが、ロゴが目立ちすぎて使いにくいというケースもあります。 企業としてはロゴを目立たせて他の人の目にもついてほしいと思ってしまいますが、使ってもらえなくては本末転倒なので、ロゴはあくまでもさりげなく入れるのがポイントです。その上で実用的な良いノベルティなら、注目も集まり、すると自然にロゴにも目を向けてくれるようになります。 そのためにはロゴが目立たないノベルティを選ぶことも重要です。例えばメモ帳など面積が広いアイテムならロゴも入れやすいでしょう。また、団扇やペンなど、ロゴが入っていても特に気にならないアイテムもおすすめです。

気にならないロゴの入れ方

ノベルティを消費者に快適に使ってもらうために、企業ロゴは目立たない方がいいのが一般的です。しかしそれでは宣伝としての意味がないので、目立たないロゴの入れ方を実践してみましょう。 まず目立たない場所を選んで入れることです。例えばタオルやハンカチのタグ、手帳の背面なら目立たないで気楽に使うことができます。 また、違和感のないデザインでロゴを作るのもいいでしょう。アイテムの馴染むデザインで、アイテムの模様の一部であるかのように見せることができれば尚いいでしょう。 ダサいと思われてしまうと、クオリティの高いノベルティでも使ってもらうことができません。重要なのはデザイン性ですので、場合によってはデザイナーを雇って検討することも必要です。